敏感肌の方は肌が弱く、使用する化粧品によって肌荒れを起こしたり、かゆみや湿疹などの副作用も発症します。

では、クラウンセルクリームは大丈夫でしょうか?

クラウンセルクリームは敏感肌にも安心して使用できるか?

また、配合されている成分は安全なのか?

クラウンセルクリームを使って副作用が起きたかどうか調べましたのでお話します。

 

<目次>
1.クラウンセルクリーム 副作用について

2.クラウンセルクリーム 安全性はどうか?

クラウンセルクリーム 副作用について

@コスメの口コミに、「rリノレン酸が肌に合わなくて、白ニキビが増えた、毛穴の周りの酸化と毛穴の汚れが気になりだした」といった書き込みがありました。

そこで、実際クラウンセルクリーム を使うと何らかの副作用があるのかついて調べましたのでお話します。

クラウンセルクリーム 白ニキビが増加する原因は?

白ニキビは、ニキビの初期段階と言われます。

白ニキビが増えたのは、皮脂の出口である毛穴が詰まり、毛穴内部にどんどん皮脂が溜まったからでしょう。

ではなぜ、クラウンセルクリームを使って皮脂が溜まったのでしょう。

rリノレン酸が肌に合わなかったといっておられますが、rリノレン酸は、必須脂肪酸の1つであるり、肌コンディションを整える働きがあり成分です。

必須脂肪酸の1つであるので、過剰に摂取すると皮脂が増えることも考えられますが、クラウンセルクリームに配合されている量はごく少量なので、過剰摂取は考えられません。

考えられるのは、洗顔の際に皮脂が除去しきれておらず、残った皮脂が溜まって毛穴を詰まらせ、白ニキビを増やしたのではないかと思われます。

因果関係は明白ではありませんが、rリノレン酸が肌に合わなかったことが原因だけで白ニキビや毛穴の酸化が発症したことではないと思われます。

クラウンセルクリーム アトピー体質でも大丈夫?

アトピー体質にはセラミド化粧品がおすすめといいます。

また、肌のバリア機能を低下させないようにするのも大切だそうです。

そこで、クラウンセルクリームですが、主要成分にセラミドが含まれています。

また、クラウンセルクリームは従来にない、まったく違うアプローチで「角質細胞」や「細胞間脂質」への保湿を可能にすることで、肌のバリア機能を強固にします。

以上のことから、クラウンセルクリームはアトピー体質でも大丈夫な商品といえるのではないでしょうか?

究極の保湿クリームで高評価のクラウンセルクリーム公式サイトはこちら >>

クラウンセルクリーム 安全性はどうか?

クラウンセルクリーム 安全性はどうでしょうか?

クラウンセルクリーム 効果のページにも掲載していますが、クラウンセルクリーム成分には危険なものは配合されていません。

ですから、基本的には安全な化粧品といえるでしょう。

他のサイトをチェックしましたが、クラウンセルクリーム 使ってトラブルが発生したとのブログ記事や、口コミ、NSNなど、どこにもそんな情報はありませんでした。




このページの先頭へ